土田マーク

[大阪府] 近鉄南大阪線「藤井寺駅」北側ロータリーより徒歩3分、送迎車完備!!

お問い合せ電話
お問合わせ バス

◆医師紹介

◎院長 : 土田健司

 土田透析アクセスクリニックは、透析患者さんのアクセスを専門に診療するクリニックです。
 アクセス(シャント)を「大事に診守る」ことをモットーに、アクセスの作製、修復、管理まですべての治療を日帰りで行っております。 また、透析患者さんを痛みで悩ませる透析特有の合併症の外科的治療もすべて日帰りで行っております。
 透析患者さんにとってアクセスは命綱であり、トラブルが起きると透析治療が継続できなくなります。 また日々の透析において、シャント管理や穿刺での困り事など様々な問題が生じることもあるかと思います。 そのような場合の駆け込み寺・よろず相談所として当院はありたいと思っております。 これまで27年間、腎不全治療に携わってきた経験をもとに、迅速かつ確実に治療いたします。
 そして当院では、処置中の痛みをできるだけ緩和するよう配慮した治療を心がけております。
 リラックスした雰囲気の中で、 スタッフ共々みなさんに寄り添って治療いたします。 我々にお任せください。

院長

◎学歴

昭和59年 4月 福井大学医学部入学
平成02年 3月 福井大学医学部卒業
平成03年 4月 大阪市立大学医学部大学院外科系専攻泌尿器科学入学
平成07年 3月 大阪市立大学医学部大学院外科系専攻泌尿器科学卒業

<論文・総説・講演の履歴(PDF)を表示>       

◎職歴

平成02年 6月 大阪市立大学医学部附属病院泌尿器科臨床研修医
平成07年 4月 大阪市立大学医学部附属病院泌尿器科臨床後期研究医
平成10年10月 大阪市立大学・大学院医学研究科泌尿器病態学助手
平成16年 1月 大阪市立大学・大学院医学研究科泌尿器病態学講師
平成18年10月 医療法人 川島会 川島病院 診療部長
平成20年 4月 医療法人 川島会 川島病院 副院長
平成27年 3月 社会医療法人 川島会 川島透析クリニック 院長
平成28年12月 社会医療法人 川島会 川島透析クリニック 退職

◎資格

平成07年 4月 日本泌尿器科学会専門医(第95017411号)
平成08年 4月 日本透析医学会専門医(第2846号)
平成11年 6月 日本透析医学会指導医(第1185号)
平成11年 6月 介護支援専門員(第9801717号)
平成12年 4月 日本泌尿器科学会指導医(第20000162号)
平成13年 3月 日本アフェレーシス学会認定医(D01093号)
平成26年 5月 日本臨床腎移植学会認定医(140004)
平成26年 8月 日本移植学会認定医

◎学会活動

●NPO法人日本アクセス研究会評議員・理事
●バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会幹事
●日本次世代人工腎臓研究会幹事
●日本腎不全外科研究会世話人
●大阪アクセスケア研究会幹事

◎副院長:中山祐治

土田透析アクセスクリニックでは、主にシャント PTA 治療を担当しております。 腎臓内科・透析医・シャント IVR 医として経験 24 年のキャリアを生かし、 正確な診断と適切な治療をモットーに診療にあたってまいります。シャント PTA 治療の第一人者としての豊富な治療経験を 活かして、地域の皆さんに満足していただける医療を提供したいと思います。

院長

◎学歴

昭和62年 4月 大阪大学医学部入学
平成05年 3月 大阪大学医学部卒業

◎資格

●日本透析医学会専門医
●日本内科学会認定医

◎医長:矢野健太郎

循環器・心臓血管外科の経験を活かし、患者さんや透析治療に関わる方々の力になれるような医療を心掛けて参ります。

院長

◎学歴・職歴

平成21年03月 近畿大学医学部卒業
平成21年04月 城山病院 初期臨床研修センター入職
平成23年04月 城山病院 心臓血管センター 入局
令和02年07月 城山病院 退職

◎資格

●日本内科学会認定内科医
●日本外科学会専門医
●日本循環器学会専門医
●日本血管外科学会認定血管内治療医
●日本脈管学会認定脈管専門医
●日本心血管インターベンション治療学会認定医
●腹部ステントグラフト実施医
●浅大腿動脈ステントグラフト実施医
●下肢静脈瘤血管内レーザー実施医
●弾性ストッキング・コンダクター

日帰り手術
ページトップ